女性の抜け毛・薄毛の原因

処方薬の種類・医学的根拠あり!薄毛に効く発毛剤や治療法は?


 

【ミノキシジル】

ミノキシジルは、薬の名前ではなく成分名です。
厚生労働省が効果を認めた成分であり、もとは高血圧症の薬として使われていました。
血管が拡張する効果があるので薄毛改善にも聞くということで有名になりました。
血流がよくなることで、血液を通じて髪の成長に必要な栄養成分を毛根にきちんと届けることができます。
その結果、発毛を促す効果があるため育毛剤として使われています。
 
もともは男性の薄毛(AGA)の薬として使われていたもの。
果たして女性の薄毛にも効果があるのでしょうか?
 

女性でも、FAGAの場合は効き目あり

女性の薄毛の原因は男性と異なり、生活習慣の乱れやストレス、女性特有のホルモンバランスの乱れなどが多いのですが、女性でも男性ホルモンの影響で頭頂部やおでこも薄くなるケースがみられます。
そんな女性の脱毛症はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれており、ミノキシジルによる効果が期待できます。
 
ミノキシジルは育毛剤など外用薬のほか、内服薬のタブレットなどがあります。
タブレットは、医薬品ですので、専門クリニックで受診し処方してもらえます。
外用薬においては市販されているものも一部あります。
 

ただし、必ず女性用を使用すること

ミノキシジルを配合した外用薬には、男性用と女性用があります。
ミノキシジルの濃度が違うのです。
女性用は、男性用に比べて濃度が低くなっています。
ミノキシジルの含有量が多いからといって、男性用を使わないように気をつけましょう。
女性が高濃度のミノキシジルを使うと、体毛が濃くなるなど副作用の影響が出やすくなります。
濃度が低くても女性には十分な効果が期待できますのでご安心ください。
 

副作用は?

上半身の毛が増える場合があります。まつ毛が伸びる方も。脱毛されている方は気にならないでしょう。
初期脱毛(1~2か月目)が起こることがあります。細い毛が抜けて丈夫な髪が生えてくる兆候なので気にすることはあまりありません。
 

どれくらい続ければ改善するの?

半年以上は続けてください。どなたも毛周期が整うまでは時間は必要です。
 
 
 


 

【パントガール】

 
パントガール(Pantogar)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善する薬として効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。
女性の薄毛治療薬としては、手軽な費用で負担も抑えた薄毛治療が可能です。
 

どれくらいで効果が出るの?

最低でも3ヶ月間の服用をお勧めします。
薬が頭皮の毛根に作用し新しく作られる毛髪を改善します。
髪は月に約1cm伸びるため時間を要します。
 

どこで買えるの?

医薬品のため、処方には医師の診療が必要です。一般の薬局では購入できません。
近年、インターネットなど個人輸入での偽物が出回っています。安いからと言って偽物を買ってしまうリスクもあるので注意が必要です。
頭髪外来や専門クリニックでは安心して処方してもらえます。
 

副作用について

副作用の報告はこれまでありません。
気になる症状があった場合はご相談ください。
 

パントガールを使えない人って?

妊娠の可能性がある場合や妊娠中、授乳中の方はお控えください。


 

【パントスチン】

 
パントスチンには「アルファトラジオール」という有効成分が入っています。これは、男性ホルモンのテストステロンが薄毛の原因であるDHTへ変換するのを抑える作用があります。それにより、毛根が元気になり、健康な髪が発毛しやすくなります。
 
 
パントスチンがまだなかったころ、男性向けにプロペシア®という薬が薄毛治療薬として利用されていました。しかし、ホルモンに与える影響が強いため女性は使用できませんでした。
パントスチンは女性が安心して使えて作用が穏やか、副作用が気にならないという嬉しいメリットがあり人気の薬です。
 

パントスチン塗り薬の使用方法

パントスチンは医薬品なので、ドクターによって処方されます。
1日1回、夜に薄毛が気になる部分に塗布しすりこみます。
初期の薄毛に効果的と言われています。
 

パントスチンの効果と特徴

毛根を傷めずに発毛機能を回復してくれます。FAGAの初期段階から使用することが可能。早い時期から使うと、個人差がありますが、開始から1か月ほどで改善が見られることもあります。
 

パントスチンの副作用

男性用の薄毛治療薬プロペシアは、性欲が減退、抑うつ状態になるなど副作用が多いことで危険も伴います。
しかしパントスチンの場合は、あえていえばアルコール成分の影響で頭皮に炎症が起こるケースが見られる程度です。
長期間にわたって使っても安全性は高いでしょう。
 

パントスチンのデメリット

発毛を促進する薬と併用することをおすすめします。
パントスチン自体は成長途中の抜け毛を防ぐための薬なので、育毛促進効果は期待できません。
薄毛が進行した方は、組み合わせて使うことで相乗効果が生まれます。
医師と相談して取り入れてみると良いでしょう。


 

【育毛メソセラピー】

 
育毛メソセラピーとは、極細針やレーザーなどを使って、ミノキシジル、成長因子やビタミン類など、発毛に有効な成分を頭皮にダイレクトに注射することで薄毛を改善していく治療法です。
 
極細針やレーザーなど注入方法はクリニックでも違います。注入する成分(育毛カクテルとも呼ぶ)もそれぞれ独自のブレンドがあります。
 
東京ビューティークリニックのDr‘sメソ、聖心美容外科のグロースファクター再生療法、ルネッサンスクリニック(湘南美容外科)の育毛メソセラピー、それぞれ施術の名前は違いますが、基本的には同じ治療法です。
 

ハーグ療法との違いは?

育毛メソセラピーも、ハーグ療法も「頭皮から成長因子や栄養を注入する治療法」です。
内容はほぼ同じです。
 
 

育毛メソセラピーの効果は?

飲み薬(内服療法)として処方しているクリニックでは、同時に育毛メソセラピーを併用することをおすすめしています。
というのは、内服療法では有効成分が消化器官で吸収され、全身の血管をめぐった後に毛根に到達します。どうしても遠回りになるのですね。
それに対し、直接毛根に働きかける育毛メソセラピーは髪を生やす毛母細胞に高い確率で届けることができます。発毛への期待度は高いと言えます。


育毛メソセラピーの費用は?

各クリニックによって育毛メソセラピーの価格は大きく異なります。
1回につき¥20,000~¥70,000くらいと幅広く、相場としては¥50,000くらいとなります。
 

何回受けるべき?

育毛メソセラピーはしっかりとした効果が出したい場合、少なくとも3回、平均5回~6回の施術をおすすめします。そうするとトータルの費用としては約30万円くらいになり高額です。
効果は早い反面、金額がかかると言う認識は持っておいてください。
 

メソセラピーを受けるのに効果的なタイミングは?

例えば外用・内服と合わせて1年かけて治療をしようとプランした場合、治療開始から3か月に1本ずつ育毛メソセラピーを打つと、発毛スピードに加速がかかり効果実感が早まります。


 

このほかに、クリニックごとに独自開発した治療薬もありますので、気になる方は一度無料カウンセリングで確認してみてくださいね。

 

 ▼頭皮専門外来・病院ランキング▼

東京ビューティークリニック

✔ 無料カウンセリング・キャンペーン実施あり

✔ 全国40院以上

✔ 駅徒歩3分以内 

✔ オリジナル治療薬の服用・外用・メソセラピー 

 

   東京ビューティークリニック2
ヘアメディカルビィーティー
  

✔ 全国4院(東京・名古屋・梅田・福岡)

✔ 年間3万人以上の患者数 

✔ オーダーメイド療法  

 
   
女性薄毛治療病院
 

✔ 気軽な値段で治療できる

✔ 全国27院以上

✔ キャンペーンも多数展開

✔ オリジナル治療薬の服用・外用・メソセラピー  

 

 

  

 

女性発毛治療ランキングTOP