女性の抜け毛・薄毛の原因

女性薄毛の種類


女性の薄毛の種類は大きく分けて6つあります。
 
それぞれ薄毛、抜け毛の症状やタイプが違ってくるので、まずは自分がどのタイプなのかを把握することが大切です。
 

瀰漫(びまん)性脱毛症


薄毛、抜け毛で最も多い女性特有の薄毛症状が「びまん性脱毛症」です。
男性の場合、額や生え際、頭頂部から薄くなっていくのに対し、びまん性脱毛症は、髪が細くなり全体のボリュームがダウンし、間引かれたように髪が抜けるのが特徴です。
 
薄毛治療クリニックでの治療効果が高いと言われている症状です。
 
改善する可能性が高い一方、放っておくと進行してしまうのも特徴です。
 

➡毛髪外来で治療可能

 

分娩後脱毛症


出産後、一時的に髪がごっそりと抜ける事がありびっくりしますが多くは分娩後脱毛症ですので産後半年程度経つと回復してきます。
注意が必要なのは、産後ストレスなどによりホルモンバランスが乱れっぱなしの場合は、薬で整えてあげる必要があります。

 
 
軽度➡頭皮ケアで回復の可能性大
重度➡毛髪外来で相談がおすすめ

 
 

牽引性(けんいんせい)脱毛症


牽引性(けんいんせい)脱毛症は、髪の長い人が、ポニーテールやアップヘアなどにより日常的に髪が引っ張られることで髪が薄くなる症状です。
髪の分け目を変えたり、髪を結ばない日を作るなど、髪へのストレスを減らしてあげましょう。
また、頭皮マッサージをして頭皮の血行を促進させるなど、髪の毛を休ませることが肝心です
 

軽度➡頭皮ケアで回復の可能性大
重度➡毛髪外来で相談も〇
 
 

円形脱毛症


円形脱毛症は、頭髪が円形または楕円形に突然に発症する脱毛症。
突然抜け毛が増えたと思ったら、円形脱毛症を疑ってみる必要があります。
後頭部などは気づきにくく、美容師さんに指摘されてはじめて気づくケースも。
円形脱毛症は病気なので、病院の皮膚科の受診をするのがいいです。
薄毛治療クリニックや頭髪外来での治療はなく、近くの皮膚科で治療を受けましょう。
 

➡皮膚科などの医療機関で治療

 
 
 
 

脂漏性(しろうせい)脱毛症


脂漏性(しろうせい)脱毛症は、皮脂の過剰分泌による脱毛症です。
頭皮がべたつくような方は当てはまります。頭皮環境を悪いまま放っておくと、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)を引き起こす場合もあるため、早めの対処が重要です。
まずは正しいシャンプーとヘアケアで改善される場合が多いです。
 

 軽度➡頭皮ケアで回復の可能性大
重度➡毛髪外来で相談も〇

 
 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症


粃糠性(ひこうせい)脱毛症は頭皮の環境が悪く、フケが多量に出る場合になりやすい脱毛症です。
乾燥したフケが毛穴周辺を塞ぐことで、バイ菌が繁殖しやすくなり、毛根が炎症を起こした結果、脱毛に至るという症状を指します。
原因はさまざまで、ライフスタイルを見直す必要もあるかもしれません。
 

軽度➡頭皮ケアで回復の可能性大
重度➡毛髪外来で相談も〇

 
 
 


 
以上の症例はそれぞれの特徴に個人差もあり、自分では断定できない薄毛の症状もあります。
その場合、クリニックの無料カウンセリングで一度正しく診てもらうと症状が何なのかがはっきりとわかります。


治療を始める始めないにかかわらず、専門家にマイクロスコープで見てもらうことで、安心にもつながります。
また、薄毛の症状と効果的な治療法を知ることができます。
 
 

~MENU~

 ▼頭皮専門外来・病院ランキング▼

東京ビューティークリニック

✔ 無料カウンセリング・キャンペーン実施あり

✔ 全国40院以上

✔ 駅徒歩3分以内 

✔ オリジナル治療薬の服用・外用・メソセラピー 

 

   東京ビューティークリニック2
ヘアメディカルビィーティー
  

✔ 全国4院(東京・名古屋・梅田・福岡)

✔ 年間3万人以上の患者数 

✔ オーダーメイド療法  

 
   
女性薄毛治療病院
 

✔ 気軽な値段で治療できる

✔ 全国27院以上

✔ キャンペーンも多数展開

✔ オリジナル治療薬の服用・外用・メソセラピー  

 

 

  

 

女性発毛治療ランキングTOP